保護犬を家族に

今日は我が家の愛犬「まある」5歳のバースデー🎁

まあるは元保護犬
2016年8月
九州の粗悪な繁殖場崩壊
ボランティアさんによって救い出され
キャバリアレスキューさんが保護してくださることに。

九州からキャバリアレスキューのある東京まで、多くの方のリレーによって運ばた、まある🚗

そしてキャバリアレスキューさんにより病院へ。
心臓病あり
パテラあり
歯を犬歯二本残して抜歯(粗悪なフードを与えられていた為)
(これは珍しいことではないのです。
粗悪な繁殖場は、犬を病院へ連れて行くことはありません。
犬は使い捨てですから💧)

そして
里親が見つかるまでの間、里親に引き渡せるようになるまでの間、ボランティアの「預かりさん」が
家庭で育ててくれるのです。

まあるが初めて知ったこと
・暖かい部屋と柔らかいクッション
・自分だけの美味しいごはん
・おやつ
・散歩
・抱っこされたり、撫でられる幸せ
・人は怖くないこと
・平和と愛

たくさんの愛を預かりさんはまあるに与えてくれました💓
そして
まあるはキャバリアレスキュー代表と預かりさんの愛をたくさん抱いて、我が家にやって来たのです。

私は今でもまあるの中に、預かりさん、キャバリアレスキューさんの愛を感じます❤️

我が家のまあるは
我が家だけのまあるではない
たくさんの方の愛が詰まっている❤️❤️❤️

いつまでも大切に
いつまでも一緒に生きていく
それが私達家族の使命であり、喜び✨

一匹でも多くの命が輝けるように
犬を飼おうとする方の選択肢に保護犬が入りますように🍀

(まあるは2014年2月生まれ、とだけわかっています。保護犬は何歳かわからないことも多いなぁのです)