願いを唱える時の注意点

「願いの言葉」

「ポジティブになりたい」
「幸せになりたい」
よく聞く言葉ですよねー。

何かお願いする時って、幸せな瞬間を味わうことだと思うんです☺️

でもこの言葉って実は反対なの、、、
「ポジティブになりたい」と発した時
同時に
「私はポジティブではない」と無意識に刷り込んでるんです💦
「幸せになりたい」は「私は幸せではない」と。

これは本当にもったいない😆

そして
新月の願いなどを書く時によく言われるのが、過去完了形や過去形で書きましょうということ。
「私はポジティブになりました」
「私は幸せになりました」と。

これは、その言葉を発したと同時にその願いが叶ったことをイメージして、体感としてワクワクや嬉しさを感じられる人には有効🤗

案外、ハードル高い😅

イメージが得意な私も、これはすご〜く違和感あります😥

言葉と自分の感覚が一致していなければ、その言葉は無効で、むしろマイナスを刷り込んでしまいます。
「だってまだポジティブじゃないし」
「まだ幸せになってないのに」とか😅

だから、私が願う時の言葉は
「私はポジティブです❤️」
「私は幸せです❤️」
色々やってみて、これが一番一致する😊
言葉の後に❤️をつけるのがお気に入りで、ウキウキしちゃう💫

ハウツーにこだわると、本当の意図を忘れてしまう
時がありますね💦あるある、、、

願いを唱えるなら、
それが叶うイメージを引き寄せる言葉
自分の感覚と一致する言葉を
探すと楽しいですよー🤗



☆ ☆ ☆
今日のAkari Message
【遠回り】
人生で遠回りしてしまったと思うことはありますか?あれがなければもっと早く目的地に着いたはずなのにと思ってますか?その道はあなたが歩く必要があったのです。その経験がこの先の道を快適にするでしょう。どんな道のりも楽しみましょう。素敵な未来が待っています✨



今日も心地よい1日を🍀😊✨


🌟YouTubeでオラクルカードリーディングしています。

🌟個人リーディングを受け付けています お申込みはコチラから





Follow me!

前の記事

直感の鍛え方