ペットに本当にしてあげたいこと

ふらんと久々に散歩

カートに乗っけて公園まで。

 

体調が悪くなってからは安全優先でずっと家とお庭だけ

 

今朝はふらんが門の前に立ち、じっーと外を眺めてる

「外に行きたいんだ、、、」

 

カートで公園に着いたら、元気に歩き出した。生い茂る草をモグモグ。

久しぶりに見た生気あるふらん

 

 

そこでハッとした。

私は何を大切にしていたんだろう???

 

散歩に行かなくなった理由は

ここ数年、年齢と共に体力が落ち、腰痛もあるようで行きたがらなくなったこと。

先月からかなりしんどそうな様子があり、体力温存のため、出来るだけ安静にさせていたこと。

 

だから、命を守るために

「やらない(やらせない)こと」に意識が向かっていた。

 

散歩に行きたがらない時は多い。でもそれはその瞬間のふらんの意志であって、永遠ではない。

先月は元気がなくて、お迎えが来ないようにと祈ってたけど、酸素ルームのおかげで元気を取り戻してきた。

ふらんはきちんと意志を表せるから、その時その時のふらんの意志を尊重し、飼主である私が大丈夫と思えるなら、叶えてあげていいのではないだろうか???

 

 

大切なことは、ただ命を繋ぐだけでなくて、「ふらんがふらんらしく楽しく生きてくれること」

これを目指してたはずなのに、縮こまっていた自分に気づいた。

 

最近は家ではずっと横になって寝ていたふらん。

昨日は散歩効果かどうかはわからないけれど、家で私のストーカーをずっとしていた。昔のように。

 

嬉しくて愛おしくて、、、

 

セッションの仕事の時間が近づき、仕事部屋に行こうとしてもずっとついて来る。

 

昨日は仕事部屋にふらんのベッドを持ち込んで、見守ってもらっていた。

 

甘やかしすぎかな?

ふらんに対してでなく、自分に対しても。

 

でも、いいよね。

 

ふらんとのかけがえのない時間は有限なんだと、ひしひしと感じてるから。

 

少しでも長く生きていて欲しい

ふらんが楽しく過ごしながら

 

【ペットロスサポートセッション】のご案内

ペットロスは苦しいですね、、、

私も愛犬をお空に見送ったばかりなので、とてもよくわかります。

こんなことはありませんか?

・ペットを思い出し、悲しくて泣いてばかり

・もっとしてあげられることがあったと自分を責めてしまう

・亡くなったのは自分の責任だと感じてしまう

・会いたくて仕方ない

・悲しみを手放すと、自分を薄情だと思ってしまう

・悲しみは背負って行かないといけないと思っている

・悲しみを癒すのは時間しかないと思っている

 

こう感じてしまうことは当然のことなんです。

でも、ずっと感じているのはとても辛いこと。。。

 

 

あなたが悲しみを手放しても、あなたがペットを愛していることには変わりはないのです。

ペットが願っているのは、あなたがペットとの大切な思い出を思い出して笑顔でいてくれること。

 

ペットたちはあなたの笑顔が好き

あなたもペットと笑いあっていた時間がとても楽しかった

それは永遠に変わらないのです

 

天国のペットもあなたも笑顔でいられるように

心を穏やかに、ペットへの愛を抱いたまま悲しみを和らげいいんですよ

 

 

ペットロスを癒すには時間が必要だけど

誰かに思いを話すこと

悲しみも怒りも不安も全部吐き出すこと、、、

 

これだけでも心がかなり落ち着いていきます。

 

まだ話すことがきつい場合はイメージをする方法もあります。

思い切り泣いてもいいんです。

悲しい時、苦しい時、我慢しないでご連絡くださいね。

あなたの心に平穏が戻りますように

 

 

【6月30日までの期間限定価格】

1回 通常6010,000円⇒703,000円  (オンラインセッションは10分おまけ)

通常は対面セッションとオンラインセッションをお選び頂けますが、現在はオンラインセッションを行っています。(ZOOMその他)

世の中の状況に応じ、対面セッションも始めます。

 

お申込みはコチラからお願いします。

 

 

 

 

Follow me!